ラクトフェリンで身体を健康に保つ〜ラクトク健康成分〜

役立つ成分

効果的なダイエットに役立つ成分

母乳や乳製品に含まれているラクトフェリンという成分、ダイエット効果があると大人気になっています。 ラクトフェリンは中性脂肪やコレステロールを減少させる働きを持っていて、脂肪が体に付きにくくなります。 脂肪を分解するのにはリパーゼという酵素が必要なのですが、ラクトフェリンはこのリパーゼの分泌を促す効果を持っています。 つまり、脂肪の蓄積を抑制してくれて既に付いている脂肪を分解してくれるので、二つの働きによってダイエットしやすい体へと体質改善することが可能になります。 牛乳やヨーグルト、チーズなどから取るのが理想的ですが、ラクトフェリンは熱に弱いため、加熱殺菌されている製品だと効果がありません。 そのため、加熱殺菌されていない乳製品かサプリメントからの摂取が良いでしょう。

腸内環境を整えてダイエットをサポート

腸の中には悪玉菌と善玉菌が住んでいて、常に勢力争いをしています。 善玉菌が優位な状態だと腸内環境が整っていて、腸や体全体の機能も正常に働いてくれますが、悪玉菌が増えてしまうと健康に悪影響を与えてしまいます。 女性の多くが悩まされている便秘もその一つで、腸の活動が低下してるために起こります。 腸内環境を良くするのに効果的なのがラクトフェリンです。 抗菌作用を持っているラクトフェリンは、腸の悪玉菌をやっつけて善玉菌を増やしてくれます。 また、有害物質を排出するデトックス効果にも優れています。 そのため、腸内環境が整って老廃物を排出しやすくなり、便秘解消でぽっこりお腹を改善することができます。 また、腸は全身の代謝機能にも大きく関係していて、腸内環境が良くなると代謝アップ機能も高まり、ダイエット効果が出やすくなります。